浜松の青菜『コマツ~ナ』

モーツァルトで育ちました
浜松の青菜『コマツ~ナ』

栄養価もアップする音波
甘くて優雅な味わい♪

メディアでも取材殺到。
静岡県浜松市のビニールハウス内の青々とした小松菜畑に響き渡るのは高級スピーカーから流れるモーツァルトの音色。
え?小松菜が音楽を聴いているのですか!?

「これは小松菜ではなく『コマツ~ナ』です。これからの時代は、野菜もカリスマ性が大切ですから、楽器の街・浜松らしく、野菜にも一流ピアニストによるピアノ演奏を聴いてもらい、プリンセスとして育てました」と個性派農家の宮本純さん。

音波振動を研究している大学の研究室によると、栄養価検査の結果、モーツァルトを聞かせた『コマツ~ナ』はただの小松菜に比較して、鉄分3.45倍、ビタミンCは1.5倍が検出されたという。音楽で栄養UP?

「モーツァルトは4000ヘルツの高周波音域が多い音楽なのです。その音波は波動となって気孔を広げ、結果、根から吸い上げる養分が増すようです」。
なんともびっくり仰天な実験結果!減農薬&循環型農業で丁寧に育てる純ちゃんの愛も『コマツ~ナ』のおいしさを支えています。

販売元 株式会社じゅんちゃんファーム
住所 静岡県浜松市西区大人見町3487-2
HP https://www.junchanfarm.com

関連記事

ページ上部へ戻る